スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛や産毛の生えた果物の皮

暑いですね~。
夏といえばジューシーなフルーツ類!と言うことでまだまだフルーツ類を作り中です。
少し前から皮に凝りだして、またまた皮研究をしてます。
2012_06_20.jpg
以前に皮付きキウイを作りましたが、もっとキメの細かく毛が生えてる感じにできないかな~と粘土の端切れで試作してみたのが左。
毛の部分に使ったのは白粉って名前ですが、化学繊維のような細かい毛のようなもの。
いつもアルミナパウダーを買ってるミニチュア材料店で買いました。
もしかしたらクレイアニマルの毛とかに使うものなのかなぁ?
写真奥のほうはふりかけたままで固めてないので、白っぽいです(><)

写真右はもしかしたらコレも作れるかな?と思ってためしてみた産毛の生えた桃の皮。
ん~なかなかいい感じかも(*´∇`*)
毛羽立ってるので、毛っぽい部分が取れちゃいそうに見えますが、接着する際に一工夫してるので、爪で引っかいても取れないし、水をかけてみましたが、ちゃんと撥水してくれました。
全体的にほんの少しきらっとしてるので、本番は少しマットな感じで作ってみたいと思います。

あと・・・夏と言えばビールが美味しいですね!と言うわけで、おつまみ系を作り中です♪
ハンバーガーとかのリクエストもいただいてるんですが、いきなりフード系を作るよりワンクッション置いておつまみ系を作ったら心の準備ができるんじゃないかしら~なんて思ってね(゜ー゜;Aアセアセ

ランキングに参加してますので、制作ファイト!の応援クリックを1日1回していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村


拍手する

↑累計3000拍手ありがとうございました!
拍手累計3000突破プレ企画は終了しました。
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

現在、粘土と天然石のオーダーは受け付けてません。
最新のオーダー受付状況につきましては、こちらをご覧くださいませ。m(_ _)m

その他、お問い合わせの前に、必ずこちらをお読みくださいませ。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
WebショップLomiRomi Stonesさんで委託販売してます。
200banner.jpg
完売いたしました。次回入荷は8月下旬~9月を予定してます。<(_ _)>
スポンサーサイト

テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

気泡入り粘土成功例

お待たせしました!m(_ _)m
予告してました、気泡入り粘土の実験です。
以外とたくさんの方がこの実験を楽しみにしてくださってるのが分かったので、写真多めで記事が長いです。
興味のない方には退屈だと思うので、スルーしてください(^^;;
オーブンやレンジを使った乾燥はメーカー側で推奨されてません。
試す際は、換気し、火気に十分注意した上で、自己責任でお願いいたします。



【目的】
・強度アップのため、普通に焼き菓子を粘土で作るときに、計量粘土に樹脂粘土を混ぜたりますが、その方法を今回は応用してます。
・ストラップ等を作る目的でヒートンや9ピンを挿す場合は、気泡の入ってる部分ではなく、外側の硬い部分に挿すのが必須です。
・粘土の色合いの良さを出すためと、重曹ではなくベーキングパウダーを使用、レンジではなくトースター(オーブンも可)を使用しました。
・重さのある樹脂粘土をミックスしてるので、膨らます力の強いベーキングパウダーを使用しました。
・穀粉と小麦粉を原料に使っている粘土を中心に選んでみました。
グレイスとコスモスは穀粉、ファリネッタは小麦粉を原料としてます。(メーカー公式サイトより)
追記:この大きさの粘土で、焼いた後2日後にカットしてます。日数をおかずにカットすると気泡がつぶれます。

以下のサイトを参考に、重曹ではなくベーキングパウダーを選びました。(クリックで該当ページが開きます)
tg_site_banner03.gif


【比較方法】
・すべて写真の割合で粘土をミックスし、計量スプーンですり切り小さじ1杯分の粘土(5ml)に、ベーキングパウダー(粘土に対して8分の1の量)と水(3~5滴)をプラスしてます。
粘土を丸めて、1cmの厚さに平らに潰して、温めておいたトースターに入れて1300Wで3分加熱してます。
・外側と断面で少し色の濃さに差があるものがあります。両方写してるので着色の際の参考にしてみてください。

コピー ~ 2012_01_08 001
グレイス軽量タイプ2:グレイス1
厚さ2倍に膨らんだ。
大きめで丸い形の気泡が割と端までびっしり♪
スポンジケーキやパンに向いてるかな?と思います。

コピー ~ 2012_01_08 002
グレイス軽量タイプ2:ファリネッタ1
厚さ1.6倍に膨らんだ。
大きめの気泡がきれいに入ってますが、ファリネッタが重いためか中心部分がへこみ丸い気泡だけではなく、つぶれた気泡も見られる。
気泡の形や、ファリネッタのカラッと硬質な感じが、ラスクに向いてるかな?と思います。

コピー ~ 2012_01_08 003
グレイス軽量タイプ2:コスモス1
厚さ1.8倍に膨らんだ。
小さめの気泡が割と均一に入ってます。
見た目の軽さは最初の2つほどではないですが、重さのあるブラウニーやパウンドケーキを作るならいいかも!?

コピー ~ 2012_01_08 004
ファリネッタ1:グレイス1
厚さ1.5倍に膨らんだ。
ファリネッタだけだと気泡が入った後に全体がつぶれてしまいましたが、グレイスを混ぜると、こんな感じに小さめの気泡が割と均一に入ります。
軽量粘土を混ぜてないので、全体的に強さはありますが重いです。
ただ、外側のひび割れと全体がいびつに変形するのが気になります。
ひび割れや変形を利用してカップケーキなんか作れないかな~?と思いますが今後の課題ということで・・・

コピー ~ 2012_01_08 005
ハーティ2:グレイス1
およそ1.5倍に膨らんだ。
グレイス軽量タイプの他に唯一ハーティで成功したパターンです。
小さめですが気泡が均一に入りました。
ただ、外側のひび割れと全体がいびつに変形するのが気になります。
ひび割れや変形を利用してカップケーキなんか作れないかな~?と思いますが今後の課題ということで・・・


失敗例を一つだけ・・・
コピー ~ 2012_01_08 006
一番上手くいったパターンのベーキングパウダーを重曹にかえて試してみました。
写真のとおり焦げました(><)
外側から中心に向かって、少し色が茶色っぽくなってきてます。
この実験と、東京ガスのウェブサイトから分かりましたが・・・
以前にスポンジケーキを重曹+電子レンジでチンして作ったときに、中心部分まで発色がもうちょっとだったのは、重曹は熱が通ると色が濃くなるという性質と電子レンジは中心部分から熱が通るという性質のためだったんだな~と分かりました。

【まとめ】
今回の実験は、軽量粘土でハーティよりグレイス軽量粘土を使用したほうが成功する確立が高かったです。
主にハーティ中心ですが、切るときに欠けたり崩れたり、気泡が爆発気味だったり(笑)、強度がなかったりと失敗しました。
そんなものも余裕があればいつか載せたいと思います。
失敗例見たいですか?どーでもいいかな?(・Θ・;)アセアセ…


よし!今後ラスクやブラウニーを作ろうっと♪(*´∇`*)

拍手する

累計2000拍手ありがとうございました!オーダー制作の合間をぬってプレ企画を開催する予定です♪

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

現在、粘土作品と天然石アクセサリーのオーダー受付はしておりません。
最新のオーダー受付状況につきましては、こちらをご覧くださいませ。m(_ _)m


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

LomiRomi Stonesさんがリニューアルオープンしました!
o0400013011464928096.jpg
おかげさまで即日完売いたしました。次回入荷は未定です<(_ _)>

テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

気泡入り粘土の実験します。

トリプルベリーのトライフルのオーダーが何個か入ってるので、作ってるところだったんですが、どうも以前に作ったときより、気泡入りスポンジ生地の色合いがよくなく、気泡の入り方もいまいち・・・
という訳で、前回の若干の課題を残してましたので、色合いの改善+強度アップのために実験に入りました(><)
オーダーしていただいてる方、長時間の郵送にも耐えられるようによりしっかりしたものを作りますので、もうしばらくお待ちくださいませm(_ _)m
角切りスポンジケーキを作る予定なので、今回は発砲ウレタンはスルーしました(^^;;

という訳で、途中経過ですがこんな具合になってます。
コピー ~ 2012_01_04
クリックでもう少し拡大できます。
強度的にはこの際、ストラップやチャームにできるくらいのものを目指します。
今回はレンジではなくトースターを使用してます。
混ぜ物は、重曹ではなくベーキングパウダーを使用しました。
オーブンやレンジを使った乾燥はメーカー側で推奨されてません。
試す際は火気に十分注意した上で、自己管理でお願いいたします。



以下のサイトを参考にしました。(クリックで該当ページが開きます)
tg_site_banner03.gif


あと、2日ほど乾燥させてからカットして、気泡の入り具合や強度、中の発色を記事にしたいと思います♪


ランキングには参加してませんが、ポチっとしていただけると頑張って実験記事を書きます(^_^)/
どれくらいの方が実験記事を必要としてくださってるかの目安にさせていただきますm(_ _)m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する

累計2000拍手ありがとうございました!オーダー制作の合間をぬってプレ企画を開催する予定です♪

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

現在、粘土作品と天然石アクセサリーのオーダー受付はしておりません。
最新のオーダー受付状況につきましては、こちらをご覧くださいませ。m(_ _)m


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

LomiRomi Stonesさんがリニューアルオープンしました!
o0400013011464928096.jpg
おかげさまで即日完売いたしました。次回入荷は未定です<(_ _)>

テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

著作権問題・・・海外切手をレジンに

最近、自分的にアンティークブームが来てまして(遅いですか?)こんなものをイベントのために・・・と作ってみました。
コピー ~ 2011_06_01 003

下二つが海外の古切手とメタルパーツやパール、ブリオン等をレジンに閉じ込めたチャームです。
モールドはパジコさんので、GWに帰省した際に1つだけユザワヤさんに売られていたのをなんとかゲットしたものです。
他は売り切れでした(><)人気ですね~。パジコさんのモールド・・・
上二つは、これからレジンに閉じ込めようと、切手のギザギザがかわいいので、わざと見えるようにカットして準備しておいたものです。
ちなみに、レジンに紙ものを閉じ込める場合は、レジンが染みて、色が濃くなってしまうので、靴や布製品用の防水スプレーで防水加工を施してから入れるようにしてみました。
少しだけ染みますが、やらないより全然いいですね♪

で、ここで大問題が発覚


そう、著作権問題に気が付きました。
いや~、ふと気が付いたんですが、販売する前で本当によかった・・・・(T_T)
切手(海外&日本)をレジン等に閉じ込めてクラフト作品として製造販売することはかなりまずいようです。
ちょっとネットで調べただけでも、有価証券偽造(コピーするわけでないので大丈夫そうですが)、そしてイラスト作者の没後50年を過ぎないと、著作権問題にひっかかる・・・etc

というわけで、作りましたが、イベントでは販売いたしません_l ̄l○

一応紙の白い部分が退色してるので、古切手には間違いないようですが、50年をクリアしてるかどうかは怪しいとこですもんね(^^;;
個人的に使ったり、プレゼント用にしようかな~と思ってます♪


で、もう一つ問題が・・・
コピー ~ 2011_06_01 001
追加で一目惚れで購入した海外切手達。
こちらは古切手ではなく、未使用のものも含まれてる新しいものです。
これで作品を作って販売しても間違いなく違法ですよね_l ̄l○

図柄お任せのアソートパックで購入したので、結構お買い得でしたが、残念すぎます。
これもプレゼント用かな~。せっかくだから使わないともったいないですよね。
あれ?そういえば、拍手累計の切りのいいとこでのプレゼント企画ってまだしてませんでしたよね(^^;;
かなり前ですが、自分で言ったことですから覚えてます。m(。_。;))m ペコペコ…
というわけで、イベント後になりますが、拍手クリックの累計が2000を超えたら、プレゼント企画を開催します~♪
このフルーツ柄の切手を閉じこめたレジンパーツの作品を当選された方にプレゼントする予定です(*´∇`*)


ちっちゃかわいいもの展の制作ファイト~!のクリックをしていただけると力が沸きます(><)
ランキングに参加してますので、1日1回1つずつポチッっと応援していただけるともっと嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する

↑累計2000でプレ企画開催♪


・*:.。. .。.:*お知らせ*:.。..。.:*・
5月14,15日開催のデザインフェスタ大正浪漫展ブースで委託販売させていただきましたが、ブース主催のLomi-Romiのひびきさんネットショップ(準備中)で、デザフェス限定の作品を販売していただくことになりました~!
ネットショップは、今週の金曜日6月3日の夜9時頃、OPENされるそうです♪
以前から、ネット販売を希望される遠方の方が結構いらっしゃって、大分お待たせしてしまってましたが、やっとこの度実現いたします。
和物を3点だけですが、出品いたします!
他にも、素敵な作家さん達の作品が販売されるとの情報をいただきましたので、是非ご覧になってくださいね♪<(_ _)>


kawaiisweets0001.jpg
2011年6月11日(土)、12日(日)
11日(土)10:00~17:00、12日(日)10:00~16:00
ちっちゃかわいいもの展にひなたぼっこ♪のゆりさんとコラボ出展いたします。
東京都立産業貿易センター4階

テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

樹脂粘土フリーリの使用感

5月のデザイン・フェスタvol.33大正浪漫展のブースで委託販売させていただく関係で、主催のひびきさんから樹脂粘土のフリーリが届きました。

2011_03_29 001
大正浪漫展の協賛企業さんである、藤久様からの提供品だと言うことです。
藤久様と言えば、トーカイやネットショップのシュゲールを展開されている企業で、私も家から一番近い手芸店とこともあり、トーカイはよく利用しています。
ちなみに今回提供していただいた、フリーリですが、藤久様が製造販売されている粘土ですので、お買い求めはトーカイやネットショップのシュゲールが確実だと思います。


フリーリを使用するのは初めてだったので、簡単ですが使用感をレポしておこうと思います。
コピー ~ 2011_03_29 003
樹脂粘土と言うことなので、フルーツに向いてると思い、とりあえず苺を作ってみました。

苺を作るときの自分なりの基準として、種のへこみをつけると同時に苺独特の表面の凹凸がつくのが、苺を作るのに向いてる粘土だと思ってます。
で、フリーリはどうかと言うと、写真のとおり、ちゃんと種の形だけじゃなく、全体に凹凸もつきました♪
また、写真は後日アップしますが、スタンプを押したチョコプレートもフリーリで作ってみましたが、型抜きのエッジもスタンプの文字部分のエッジもきれいに出たので、ハードな成形にも向いていそうです(*^_^*)

粘土自体はべとつきがなく、適度な硬さがあるので、種をつけていくうちに粘土がよれてしまうこともなく、とても作りやすかったです。
また、乾くと透明感が結構あって、薄く延ばしても本当に折れなかったので細い棒状のものを作るときにも活躍しそうです。
乾燥後もカチカチじゃないので、カットフルーツにも問題なく使えそうです。

苺の形に成形した後、乾かしてグラデーションにアクリル絵の具で着色したんですが、粘土のキメが細かいためか、変にムラになることもなく、キレイに着色できました♪


念のため、苺の作り方情報です。
苺の形に成形した後、クリアファイルをカットして円錐に丸めたものの先で、種の形をつける。
強めにクリアファイルを押し付けることで、苺自体の凹凸もできます。

アクリル絵の具の赤系3色を使ってグラデーションになるように、筆で着色する。
※種の凹みの部分にも色が付くように、スポンジではなく筆で着色するようにしてます。

乾燥後ツヤありニスでジューシーに仕上げます。



とりあえず、こんなとこですが、感想漏れもあるかと思いますので、気になることがあったらコメント欄からご質問いただければと思います<(_ _)>
藤久様、ひびきさん、素敵な粘土をありがとうございました!



ランキングに参加してますので、参考になったよ~!応援クリックをしていただけると頑張れます(><)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する



o0250018811057193938.jpg
2011年5月14日(土), 15日(日)
デザイン・フェスタvol.33・【大正浪漫】展示で委託販売させていただきます。
展示場所は西3ホールのH-109.108に決定しました。


テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

キラリーナの使用感

少し前に紹介した、バニーコルアートさんのキラリーナを早速使ってみました。
ニスとの相性等、使用感をレポしたいと思います。
使ったのはこちらの・・・
2010_04_14 004
キラリーナ スイーツデコカラー 
 チョコレートホワイト、チョコレートブラウン、チョコレートピンクの3色です。(全てチョコレートの香りつき)


2010_04_14 005
それと、実際に手にする前からすごく楽しみだった
キラリーナ キャンディセット
 キャンディストロベリー、キャンディレモン、キャンディグレープ、キャンディソーダ、キャンディメロン、キャンディクリアの6色です。(それぞれ違ったフルーツの香りつき)

ちなみにペン型のデコ用ソースで、逆さまに立てて置けないデザインの商品もありますが、キラリーナは逆さまに立てて置けるのがいいと思いました。
ガラス絵の具や、ファブリックペイントでもそうですが、使っているときに、ばしゅっ!っと空気が一緒に出て、失敗した~(><)って経験ありますよね?
逆さまに立て保管したり、作業中も逆さまにしておくと、空気が逆の方に抜けてくれるからそういうことも少なくなるんですよね~。


2010_04_14 006
キャンディストロベリーと、チョコレートブラウンをそれぞれアイスにかけてみました。
キャンディシリーズの方が、ぷっくりする様です。
チョコレートの方も、ちょうどいいこんもり感ですね(*^_^*)

チョコレートのほうは、乾くと少し色が濃くなるようです。
この写真のチョコレートブラウンは写真では黒っぽく写ってますが、実際は、ビターチョコとミルクチョコの中間のような色合いです♪
何よりキャンディシリーズのツヤ感と透明感が、美味しそうで気に入りました。

キャンディの方を写真左のように、広範囲に広げて使ってみましたが、ちゃんと表面が滑らかに仕上がりました。
線状にも書けて、広げても使えるのは助かります<(_ _)>


2010_04_14 001
キャンディーシリーズをクリアファイルに出してみました。
乾燥するとこんな感じの少しだけ不透明なキラキラなソースになります。
溶けた飴のような感じもありますが、このままフルーツソースとして普通に使えそうですね♪
特に気に入ったのは、キャンディグレープです。
グレープですが、ブルーベリーソースにも使えそうな色合いで、ガラス絵の具やタミヤカラーできれいなブルーベリー色を出すのって難しいな~と思ってたので、これは嬉いです(*^_^*)
後は、オレンジ色があったら完璧じゃないですか?(*^m^*)


さて、気になるのはニスとの相性です。
やっぱりスイーツデコの仕上げはニスを塗りますよね。
ソース類に使う、ガラス絵の具や、メディウムでも種類によってはニスの溶剤と反応して、再度溶け出したりして、ラッピングしたときに袋にくっついて変形したりしますよね・・・(><)
キラリーナは乾くと完全耐水になるようですが、粘土と一緒に仕上げにニスを塗ったらどうなっちゃうんだろ~、と思ったら調べずにはいられませんでした(笑)
そこで、今回もニスとの相性を調べてみました(^^;;

2010_04_14 002
まずはチョコレートとキャンディをクリアファイルに出して、乾燥後にニス無しの状態のものにクシャクシャにしたビニールを押し当てて、さらに一晩電話帳に挟んで重しを乗せて放置してみました。
結果は写真の通り、ビニールの跡もほとんど付かずにきれいなままでした♪


2010_04_14 003
次に、チョコレートとキャンディを乾燥させた後、ニスを3種類塗って同じように一晩電話帳に挟んで重しを乗せて放置してみました。
ニスは、左から
・ハイグロスバーニッシュ(リキテックス)
・ウルトラバーニッシュ スーパーグロス(パジコ)
・水溶性つやだしニス(ワシン)

いかがでしょう?
どれもキレイなままですよね(*´∇`*)
ビニールの跡もほとんど付かなかったし、変形も無しです♪

バニーコルアートさんに確認したわけではないんですが、キャンディの方は、ニスとの相性がいいことや、こんもり感から言って、ちょっとジェルメディウムに近いかな?って思いました。
チョコレートの方は、自然な艶で表面がサラサラしているので、メディウムとモデリングペーストを混ぜたものに似てるな~とか想像してたら、楽しくなりました。(←変ですか?^^;)
キラリーナは、接着剤やメディウムと塗料を混ぜる手間も省けるし、使用感も良かったので、しばらく活躍しそうです♪
追記:キラリーナ同士の混色についてご質問いただきましたが、バニーコルアートさんから「キラリーナ自体は混ぜることを前提に作っていないため、うまく混ざらないと思います。」と言うコメントをいただきました。
こんな色あったらいいな~♪や透け感や色合いについて気になることがあれば、微力ですが後日私の方からバニーコルアートさんへ提案させていただこうと思います。<(_ _)>


レポお疲れ~!の応援クリックをしていただけると嬉しいです<(_ _)>
ランキングに参加してますので、1日1回1つずつクリックしていただけると、もっと嬉いです(´;ェ;`)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する




テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

カップチョコ 強度編

カップチョコの中身とソースと言う記事の続きになります。
危うく、強度実験したまますっかり忘れて、バレンタインが過ぎてしまうところでした・・(^-^;


2種類のチョコパーチ(アルミ製のカップ)にグルー(透明)の詰め物をしたカップチョコを、キーホルダーに加工して、2週間程度持ち歩いてみました。
2010_02_03 001
左は、アルミの上にプリントしたフィルムがもう一枚合わせてある少し厚みのあるチョコパーチです
右は、プリントがなく、見た目はアルミそのもののチョコパーチです。

両方とも中身のグルーの変形はなく、表面はそのままの状態を保ちました。
チョコパーチの表面につく擦り傷?のようなものは、プリントを施してある左のチョコパーチのほうが目立ちませんでした。
どちらも、それほど気になる傷は付かなかったので、持つ人の好みで選ぶのでいいと思います。
追記:なんと、プリントフィルムのない無地のチョコパーチは、ずっと使っていると、酸化してしまい黒ずんでしまうものがあるそうです。
100均のものでは売ってる段階から黒ずんでるものがあるとか・・・・
中身が粘土の場合は水分があるので、それによるものなのか、それとも使い続けることによる外的要因なのかは今のところ不明ですが、注意事項として追記いたします。
変形についての強度実験は終わりましたが、酸化して変色しないかどうかを見るために、引き続き先日のカップチョコ2つを実際に使ってみて、様子を見てみようと思います。
何かまた詳しく分りましたら、追記または新しい記事にしてご報告いたしますm(_ _"m)ペコリ



ついでに表面に強度を持たせる加工を2種類施したので、比べてみました。
2010_02_03 002
左は、ガラス絵の具のベタつき対策という記事を昔のブログで書きましたが、その方法で、メディウム製のソースアートの上に、セメダインスーパーXクリアで薄くコーティングして、さらに半ツヤニスを塗ったものです。
右は、この実験を私に託してくださった、あっふぇる。さんが、クリスタルレジンも試してみてください!と勧めてくださったので、レジンで薄くコーティングして、半ツヤニスを塗ったものも用意してみました。

チョコパーチのように器状のものでない場合、スーパーXでコーティングしても問題ないのですが、器の中にコーティングする場合、スーパーXは器の縁の影響を受けて、乾燥後にコーティングした面に歪みが少しでてしまいました。
右のレジンをコーティングしたほうは、スーパーXより粘度が低いせいか、あまり器の影響はなく、表面がきれいに平らになりました。
薄くコーティングするくらいの量であればレジンでもコスト的に痛くないので、器の中にコーティングするようなものの場合は、レジンがいいかもしれません(*^_^*)


重さについてですが、同じくらいの大きさのクリスタルレジン製のチャームと持ち比べてみたところグルーを詰めたチョコカップの方が軽かったです。
重量を量ったわけではないのですが、手で持って分るくらい軽いです。
この2つのカップチョコを、結構雑にガチャガチャとぶつからせながら持ち歩いても、ヒートンから外れることがなかったので、重さ的にも中身がグルーで問題ないと思います。
また、グルーとヒートンの相性も軽量粘土等より良かったので、外れなかったんだと思います。


カップチョコの中身とソースと言う記事を書いた際、グルーは、夏場の耐熱性について気になります。と言うコメントをいただいたので、コタツの中に実験後のカップチョコを数十分入れて柔らかくなってしまわないか、試してみました。
結果は・・・カップチョコ全体が、結構温かくなってしまってましたが、チョコパーチ部分を指先で思いきりギューっと潰しても、変形しませんでした。
また表面もどちらともべた付きがなくキレイなままでした(*^_^*)
直射日光ではないので、完全な夏場の状態ではありませんでしたが、ドライヤーやライターで炙る、電子レンジ等の熱以外なら、なんとか変形しないで居てくれそうです。


イベントに向けて少し慌しくなってきましたので、みなさんのブログにお邪魔する時間が取れず、コメントのお返事も遅れてますが、作品だけは軽く載せていこうと思ってます。m(。_。;))m ペコペコ…


強度実験参考になったよ~!の応援クリックをしていただけると嬉しいです(><)
ランキングに参加してますので、1日1回1つずつクリックしていただけると、もっと嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する

テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

透明粘土研究(ニス・接着剤編)&シリコンの接着に

このブログに引越す前に透明粘土研究と言う記事を書きましたが、その際、透明粘土にニスを塗るとはじいてしまうな~と言う内容を書きましたが、前回もお世話になった相互リンクしていただいてるねぎBouzuさんから、透明粘土にニスを塗るときは成形してすぐ(硬化する前)に塗るとはじかずにきれいに塗れますよ~!と教えていただきました。
だったら、同じく接着剤でセメダインスーパークリアXも透明粘土と相性が悪いんだけど、それも硬化前に使用すればちゃんとくっついてくれるんじゃないかな?と両方試してみました。

DSCF0080.jpg
透明粘土で作ったものに、パジコのシーラー厚塗りツヤ出し(右)とセメダインスーパークリアX(左)を上半分に塗ってみたものです。
両方透明粘土が硬化する前に塗ったんですが、まったくはじくこともなく塗れました♪


DSCF0083.jpg
乾燥後に定着具合はどうか爪で剥がして確かめてみました。
右のスーパーXのほうはきれいにペロンとはがれてしまいました(><)
これでも透明粘土の硬化後に塗ったものよりはがれにくかったんですが・・・・
左のシーラー厚塗りツヤ出しの方は、かなりはがれにくく全部はがせませんでした。
透明粘土の硬化後に塗るより断然はがれにくいです。
今回は透明粘土の上半分に塗ったんですが、キレイに全部ニスで包んでしまえばきっとはがれないと思います。

というわけで、ニスについてはなかなかいい結果が出ました!
ねぎBouzuさん今回も本当にいい情報をありがとうございました♪m(_ _"m)


で・・・・
透明粘土を接着する際には何を使ったらいいの~~~!?と言う疑問が出ますが、1つ紹介しようと思います。

その前に、シリコン製ホイップに粘土を接着する際に、スーパーXクリアを使われてる方が多いと思いますが、シリコンが固まってしまった後だったり、斜めの場所だったりすると、スーパーXクリアの場合すぐに付かずに、ずるずる・・・っと落ちてしまうことがありますよね。
そんな場合にも10~20秒程で定着することができるものを立てたいものの接着にと言う記事を書いたときだっかたしら・・・・ご質問いただいたので、遅くなりましたが紹介いたします(^^;;

DSCF0084.jpg
「アロンアルファ プラスチック用」です。普通のアロンアルファでは駄目です。
PP製の器にフルーツを固定するために、購入してあったんですが、これが役に立ってます。
何故かシリコンにもがっちり付くんです(^-^;
透明粘土もシリコンが原料なので、ガッチリつくんですね。
この接着剤を使っていろいろ試してみましたが、(長くなるので写真は省きます)
シリコンに粘土(樹脂or軽量)→OK
シリコンに透明粘土→OK
粘土(樹脂or軽量)に透明粘土→OK
と言う結果でした。

かなり強力に接着でき、無理に剥がそうとすると、シリコンや粘土の方がやられてしまうくらいです(^^;;
アロンアルファ プラスチック用で1つ注意が必要なのは、スーパーXクリアと違って乾燥後は白くなり定着時間が10~20秒と短いので、はみ出さないように手で押さえながら、一発勝負でつけることが重要です。
それと、臭いがきついので、換気が必要です。

以上ですがいかがでしたでしょうか?
他にもこの素材に向いてる接着剤があるかもしれませんが、良かったら参考にしてみてください。


参考になったよ~の応援クリックをしていただけると嬉しいです♪
ランキングに参加してますので、1日1回1つずつクリックしていただけると、もっと嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する


テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

カップチョコの中身とソース

パフェの層の部分が恐ろしいことに、まだ全然乾いてないので、乾くまでの間違うことを進めようと思います(^-^;

そろそろバレンタインも近いのでチョコレートでも作ろうかなと思い、ソースアートのカップチョコから先に作りました。
で、問題のカップチョコの中身なんですが・・・・
昨年、相互リンクさせていただいている、あっふぇる。さんからカップチョコをいただいたんですが、その際にカップチョコの中身が強度的に問題になって、いろいろありました(^-^;
詳しくは、あっふぇる。さんのブログをご覧ください。
イミテーションケーキ ~crème monter~ 気まぐれダイアリー

読んでいただけました?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
そんなわけで、カップチョコの中身についてのレポを託されたので、ちょっと書いてみたいと思います。

チャームやストラップのように持ち歩くものに加工するのを前提として、カップチョコを作る場合、カップの中に詰め素材によってはカップが凹んだり変形したりすることがあるので、色々考えてみました。

軽量粘土→乾燥後も弾力があるので、カップの外から強い衝撃が加わった場合、カップ自身も凹んでしまうかも
樹脂粘土→乾燥後の収縮幅は大きいので、見た目ちゃんと詰めれてあっても、粘土とカップの細かいひだの部分に隙間が出来てしまって、カップの変形につながるかも
レジン→硬質だし、隙間もできないので良さそうだけど、コスト的に痛い
セメダインスーパーXクリア→軽量粘土に同じ

他に何かありますかね?

とりあえずこんな風に想像してるうちに、グルーならどうかな?と思ったんです。
そこそこ硬さはあるし、熱いうちは流動性があるのでカップのひだの間にも入ってくれるんじゃないかと・・・
グルーはありふれた素材なので、既に使われてる方もいるかもしれませんが、とりあえず試してみました。

DSCF0036.jpg
グルースティックの透明色をカップ(アルミ製のチョコパーチ)に流し込みました。
グルースティックの茶色は手に入りにくいので、透明を使いました。
透明のものは、ダイソーで大量に入ってるものを300円で購入できるのでお財布にも優しいです♪
熱が取れたあと、カップの外から指で力を加えても凹むことがなくてなかなか良さそうです。

DSCF0037.jpg
表面にメディウム類を流し込んでソースアートにしてみました。
ストリングジェルメディウム2:グロスポリマーメディウム1に透けない程度の絵の具を混ぜました。
ちょうどいい濃さで模様を作りやすかったです。
ソースを作るときは、気泡が入らないようにするために、チャック付きの保存袋(小)に入れてもむようにして混ぜるといいと思います。
模様の作り方は省略します(^-^;


他にも透明グルーとを詰めたものが残ってるので、ソースアートでないカップチョコも作る予定です。

1つだけこれから表面に耐久性のある加工を施して、チャームかストラップにして持ち歩いてみようと思います。
1~2週間後に「カップチョコ 強度編」で詳しくレポいたします。



参考になったよ~!強度レポ楽しみ~!の応援クリックをしていただけると嬉しいです(><)
ランキングに参加してますので、1日1回1つずつクリックしていただけると、もっと嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する

テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

アクリルシーラントの使用感報告

少し前に予告しましたが、アクリルシーラントについて、使用感を書きたいと思います。
アクリルシーラントは、相互リンクしていただいてる、Choco♪Mog~ちょこもぐスイーツデコ奮闘記~で鬼嫁さんがシリコンに比べて変色がないと言うことを紹介してくださってます。
今回はそれに加えて、使用感についてもう少し掘り下げてみたいと思います。

今回使用したアクリルシーラントはこちらです。
20091205_2451.jpg
セメダインのもので、大きく目地シールと書いてありますので、一見お店で見落としがちですが、シリコンシーラントの隣においてありました。
価格は300円台でした。

・粘り気
粘り気はほとんどなく、絞っててシリコンのように糸を引くこともありません。
今回使用したセメダインのものはしっかりちょうどいいくらいの角が立ちますが、某ホームセンターオリジナル商品のアクリルシーラントは、角も出来にくく、硬すぎて絞りにくいようなので要注意です。
20091208_2452.jpg
小さめの口金で絞ってみました。
シリコンのように糸を引きすぎることがなくて割と使いやすかったです。

・色
よくスイーツデコに使われるセメダインシリコンシーラント8000シリーズよりは、ほんの少しだけグレーがかってます。
少し前に載せたショートケーキの記事をご覧いただくと分りますが、そのまま使用しても問題ないくらいの色です。

・臭い
独特の臭いは少しだけありますが、シリコンシーラント(変性でない一般的なもの)よりははるかに臭くありません。
シリコンのあの頭が痛くなるような臭いが苦手!って方にはお勧めできます。

・硬さ、弾力性
絞るときの固さはシリコンと同じくらいで、粘度ホイップより柔らかいので絞りやすいです。
乾燥後は弾力があり、触り心地はシリコンに似てます。

・強度
粘土ホイップと同じくらいだと思います。
強度に関してはシリコンの方がありそうです。

・乾燥時間
パッケージには24時間必要とありますが、厚めに絞った場合は3日ほど乾燥させたほうが良さそうです。

・耐水性
軽量粘土のようにすぐに溶けてしまうことはありませんが、あまり耐水性はないようです。
好みに応じて、ツヤありツヤ消し等のニスを塗るのをお勧めします。
ニスを塗ることで、シリコンのようにホコリがついてしまうのも防げます。

・変色
まだ長期保管して違いを試していませんが、アクリルシーラントを紹介してくださったChoco♪Mog~ちょこもぐスイーツデコ奮闘記~の鬼嫁さんの情報によると、明らかにシリコンより変色(黄変)がないようです。
ちなみに、シリコンの変色はどれくらいかと言うと・・・
20091208_2453.jpg
たくさん袋に余って、固まってしまったシリコンを実験用にとっておいたものです。
ハサミでカットした中の部分は白いですが、周りの空気に触れた部分は黄色く変色しています。
実物は写真よりもっと変色してしまってます。
大体6ヶ月程度でこれくらい変色します。

・ツヤ
乾燥後もそのままマットな感じに仕上がります。
耐水性がないようなので、ニスを塗ることになりますが、選ぶニスの種類で、ツヤありツヤ消しに仕上げることが可能です。

・接着力
シリコンと同じで、力いっぱい引っ張ると、キレイにパーツがはがれてしまいます。
接着剤(スーパークリアX等)で補強したほうが良さそうです。

・着色
耐水性がない?と言うことは・・・・もしや水性?と思い、アクリル絵の具を混ぜてチョコ色のホイップクリームを作ってみました。
短時間でキレイに混ざり、発色もキレイでした。
シリコンや粘土ホイップのように、粘度が少ないため混ざりやすいようです。
アクリル絵の具で着色できるため、微妙な色合いも再現できそうです。
シリコンに油性絵の具で臭い思いをしながら時間をかけて着色するよりは、私はこちらのほうがいい!と思いました(^-^;
今度からチョコ色のホイップはアクリルシーラントを使うことにします。


まとめ
シリコンシーラントと比較してみましたが、いかがでしたでしょうか?
強度、耐水性については、実際に失敗粘度にアクリルシーラントを絞って色々実験してみました。

値段がほんの少し高めと言うことと、強度が粘度ホイップくらいと言うこと以外は、臭いも気にならず結構使いやすかったです。
何より変色がないと言うのは、ストラップやチャームよりずっと長持ちする小物類に使用するには向いてると思います。


最後までお読みいただきありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
参考になったよ~!って思っていただけたら、クリックの応援をお願いします。
ランキングに参加してますので、1日1回1つずつクリックしていただけると嬉いです^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村



拍手する

テーマ : ★粘土スイーツ★   ジャンル : 趣味・実用

twitter
アカウントはmavissweetsdecoひとつだけです。プロフィールが同じなどの偽アカウントやまぎらわしいアカウントにご注意ください。
プロフィール

めぃびす

Author:めぃびす
ランキング復活しました。1日1回1つずつポチッっと応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村


都内在住の一児のママです。
ハンドメイドスイーツデコのオリジナルブランド「& Sugar」を展開中です。
持病のため、休暇をとっていましたが現在復帰し活動中です。


お問合せの際は、こちらの記事をよくお読みになり、メールフォームより送信ください。
その他著作権・リンク・最新のオーダー受付状況もこちらでご確認ください。

最新記事
メールフォーム(作り方や材料のお問合せは受け付けておりません)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。